シースリーおすすめする5つのポイント

ひと月7000円の定額で全身脱毛が出来る

シースリーが追加料金無く、全身脱毛がたったの月額7000円という格安で出来る事です。

ひと月7000円以上かからないので、他の脱毛サロンよりも非常に安く脱毛することができます。

一般的な脱毛サロンでは、最初は安く感じても追加料金が必要になったりもしますが、ところが、シースリーの場合は回数が重みがちな各部位の脱毛を何回でも脱毛できる定額で脱毛できるので安心です。

回数を気にして気がかかりな方にもおすすめ。追加の料金は発生せずに、何回でもご安心ください。

脱毛は毛周期の関係があるので、両脇の脱毛だけでなく一度の脱毛ではムダ毛が無くなることはないです。脱毛サロンでは通常は12〜18回通う必要があると言われてます。




全身360°施術

脇やVラインは、人目に触れるので部位なので、そういうところこそ安全で綺麗に仕上がる脱毛サロンで行うのがおすすめなのです。

一般の脱毛サロンでは脱毛箇所は30ヶ所程度です。シースリーの場合は、脱毛部位が

詳しくはこちら

シースリーで使う脱毛機が他と違う

シースリー全店舗に他社のサロンで使っているものよりも2倍以上値段の高い脱毛機を使っています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、脱毛効果も非常に良く、

詳しくはこちら

店舗移動もOK!引っ越ししても安心

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

医療脱毛は痛いものだとよく言われていますが、実際の所どうなのでしょうか?ハッキリ言うと、脱毛サロンでのケアよりは痛いです。より高い脱毛効果があるので、よく脱毛サロンで使われるような光脱毛と比べると痛みが大きくなるのが自然と考えてください。脱毛サロンではほとんど無痛で脱毛ができますが、医療脱毛においては輪ゴムで弾かれた程度の痛みを感じることになると思います。

脱毛サロンでできることは、あくまでもムダ毛が伸びるのを抑制することです。だから、もし永久脱毛を希望するなら、医療脱毛しか選択肢はないのです。たまに永久脱毛が可能だというふうに宣伝している脱毛サロンも皆無ではありませんが、信じないでください。脱毛サロンにおける医療脱毛は違法行為に当たります。

脱毛サロンへ行かずとも自宅ですれば、好きな時に脱毛ができるので、余計な時間を取られません。自己処理として剃刀を使うのが一般的ですが、お肌に対してやさしく簡単な処理方法は他にもあり、脱毛剤という手段もあります。技術の進展により脱毛にも、数多くの脱毛剤が販売されていて、毛根から除去するものもあれば、溶かすものもあります。

生理中の女性でも利用できるかどうかは脱毛サロンのHPを探してみれば確認ができると思われます。ただし、生理中のホルモンバランスは乱れていて、お肌が非常に敏感です。お肌のことを気にかけるのであれば、生理中も利用可能な脱毛サロンであっても、できる限りやめておくほうが良いです。生理期間が終わってからの方が安心して脱毛を行えます。

脱毛器ソイエの使用後の口コミや評判は、あまり良くありません。そして、ソイエは長いスパンで見ると推奨に値しない脱毛器です。なぜなら、ソイエは毛を掴んで抜く方法の脱毛器であるからです。脱毛は可能ですが、何度も脱毛を繰り返しても、ムダ毛の減少は期待できません。

ここ最近、夏でも冬でも、それほど着込まないファッションの女性が流行になってきています。沢山の女性の方が、必要ない毛の処理に毎回頭を悩ませていることと思います。ムダ毛の脱毛方法は様々なものが存在しますが、一番簡単なやり方は、出かけなくてすむ脱毛ですよね。

毛深い人ほど脱毛の結果が良くないと期待通りの結果が出ないので、脱毛処理は医療機関でされた方がいいです。さらに、医療を通じての脱毛は施術をするのが医師や看護師なので、肌に何らかのトラブルが起きたり火傷をされてしまった時も相応な対応が受けられます。医療機関での脱毛の勧誘は少ないですが、エステでの脱毛は勧誘があります。

脱毛器を選ぶにあたっては、必ず費用対効果にこだわらないといけません。費用対効果が良くないものを使用すると、脱毛サロンにかかった方が安くなる事例があります。また、脱毛器によると使用できる範囲は違うので、使用可能範囲もチェックしてください。刺激が低く、肌へのダメージが少ないものを選定しましょう。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

このページの先頭へ