シースリーのここに注目

毎月7,000円の定額だから安心

シースリーは凄いのは、全身脱毛が月7000円という定額で出来るので、学生にも安心です。

定額制なので他の脱毛サロンよりもとても安価に

一般的な脱毛サロンでは、安く体験できますが、いざ本格的に脱毛を始めると追加料金が必要になったりもしますが、ところが、シースリーの場合は回数がかかりがちな何度でも通って脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

何回も通って費用が重むか気がかかりなお勧めです。追加料金なしで安心してください。

脱毛は毛周期の関係があるので、どの部位でも一度の脱毛では完全に無くなる事はありません。脱毛サロンでは通常10回近く通わないといけません。




全身53ヶ所しっかり脱毛

両ワキやVラインは、人目に触れるのでデリケートな箇所なので、そんな時こそプロフェッショナルなサロンで

普通のサロンでは全身脱毛でも多くて30数カ所程度ですが、シースリーは、53ヶ所行ってくれる事です。

詳しくはこちら

シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリーでは国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を使っています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、早く脱毛できます。

詳しくはこちら

引っ越ししても安心!全国サロン移動が出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

医療脱毛は痛いという話をよく聞きますが、本当の話でしょうか?ハッキリ言うと、脱用サロンよりは痛みがあります。脱毛処置の効果が高いので、よく脱毛サロンで使われている光脱毛といった方法よりは痛みが増えると思って下さい。脱毛サロンではほぼ痛みの無い処置ができますが、医療脱毛を利用した場合は肌を輪ゴムで弾いた時の痛みに近いものを感じます。

医療脱毛は病院やクリニックで行っている脱毛のことなのです。脱毛サロンのケースだと専門の資格が無くても施術が可能ですが、医療脱毛は医師や看護師の資格を持っていないと施術できません。医療脱毛にも種類があって、主な方法にニードル脱毛とレーザー脱毛が施術されています。

脱毛サロンで利用分だけ支払をするなら自分の都合に合わせて脱毛できるという特長がありますが、料金が高額になるという短所もあります。料金は安価な方がいい人、同じ脱毛サロンに行ってみようという人は一般的なコース料金の方がお得でしょう。トライアルで1回だけ脱毛体験をやってみたいという際には、利用した分だけ支払うようにするのがいいでしょう。

近年、夏でも冬でも、薄着のスタイルの女性を良く見かけるようになってきています。大勢の女性が、必要ない毛の処理に常に頭を悩ませていることでしょう。ムダ毛のない肌を保つ方法は様々ありますが、一番すぐに出来る方法は、自分での脱毛ですよね。

毛がたくさんある方は脱毛効果が弱いと期待していたほどの仕上がりにならないので、医療脱毛をおすすめします。また、医療機関で行う脱毛は施術をするのが医師や看護師なので、肌に何らかのトラブルが起きたり火傷の場合もしかるべき対応をしてもらえます。医療機関での脱毛の勧誘は少ないですが、エステでの脱毛は勧誘があります。

脱毛器アミューレは、パナソニックから発売の全身用の泡による脱毛器です。泡がムダな毛を絡めとり、根元から美しくスルッと抜き取ってくれます。コードレスでどこへでも持っていくことができ、お風呂で使うことも出来ます。口コミでは皮膚の凹凸も気にせず脱毛できるし、使いやすいと喜ばれています。コストパフォーマンス的にも優れものなので、人気の脱毛器なのです。

最新の脱毛器を使えば火傷や肌荒れの恐れはないでしょう。フラッシュ方式脱毛器であるのならば、まずはそういったことはないことです。しかし、どんなに優れた性能の脱毛器でも使い方を間違ってしまうと危険です。特に顔脱毛を行う場合には細心の注意を払いましょう。さらに、脱毛の前後に肌を冷やしておくことで、肌荒れを前もって予防しておくことができます。

有名脱毛サロンは世間の評判を非常に気にするので、しつこい勧誘をすることのないように厳しく周知しています。軽い誘いはあるかもしれませんが、強引に勧誘してくることはないと言っていいでしょう。できるだけ勧誘されたくないと思っているのであれば有名脱毛サロンを選んでください。もしも、勧誘されてしまったときは、毅然とした態度で断ることが重要です。

光により脱毛を行う脱毛器の場合、カートリッジ方式なのが主流になっています。カートリッジは消耗品のため、何度使用できるのかは商品ごとに差異があります。維持費を抑えるためには、脱毛器を購入する時にカートリッジの照射回数がよりたくさんあるものを選ぶことがポイントです。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ

このページの先頭へ