崖っぷち飲食店が半年で蘇った接客術
なぜ、ダメダメスタッフ達が、半年で人気スタッフになり、

1年後には、中国地区で癸韻離好織奪佞

育成できたのか?

 -効果的にスタッフを育てる方法をお教えします-

ある出来事が、店舗を蘇らせた・・・

「え〜、マジで・・・」そこには、信じられない光景が・・・。 それを目の当たりにした私は絶句した。



今から、5年前、私はある大手焼肉チェーン店の店長に抜擢され た。それまでは、飲食店でのアルバイト、などをしてただけだ が、ある人の紹介もあり、運が良かったのもあり(笑)、店長 職を引き受けることにした。1ヶ月の店長研修を終えて、戻って きた店のスタッフ、雰囲気、態度に私は出る言葉も無かった。 思ったのは「引き受けるべきではなかった。俺には無理だ・・・」

店舗で何がおきていたのか?

この店舗で起こったことは、嘘でもなく、本当の真実です。 この惨状を見て、愕然としない人はいないだろうと思いま す。私が1ヶ月研修に行ってる間に、管理する人がいない為、 アルバイトだけの営業で店舗を運営していました。


まだ皆、若いのもあると思うのですが、あまりにもひどすぎ た。まず、スタッフが営業中にペチャクチャとお客様に聞こ えるくらいの世間話をしている。ゲラゲラと笑う事も多々あり。


スタッフ同士で食べに来てくれたのですが、働いているスタッ フを巻き込んでのドンチャン騒ぎ、おまけにイッキのみのオン パレード。まわりのお客様もスタッフと気付いていたらしく、 怪訝そうな顔をしていたし、ある時は、サラダに異物が混入し ていて、お客様に「ごみが入っている」と指摘された時も「あ、 そうですか」と返事してそれっきり。(私が出張しているとき でした)後で、クレームの電話。


こっぴどく怒られました。


お客様が入ってきたのに、まったく気付かない。


笑顔も無く、ムスッとして、接客するスタッフ。


暇さえあれば、タバコを吸いにいくスタッフ、ひどい奴は休憩の 申請もせず30分もタバコを吸っている。


遅刻、無断欠勤は当たり前。


お客様がクレームを言ってきても、「あそこの客うぜえ!!」と 影で言ったり。


お客様の前で、いらいらした態度を取ったり、


「ドンッ」てテーブルにジョッキを置いたり、


クレームをいってきたお客様に逆切れするスタッフ、


お客様は更に怒ってました。


こんなことが日常茶飯事に起っていて、店長になって2ヶ月でも う辞めようと思ったことも何度かあります

こんな店である出来事とは

管理する立場の人がいない店では、こんなにも変わってしまうのかと、 たった1ヶ月でと思いました。注意する立場の人がいなければ人って、 どんどん楽なほうに流されていくんだな〜と身をもって経験したこと でした。


その時に思ったことは、こんな状況では、休みもろくに安めないし、 休んだとしても気が気でしょうがない。 又、こんな状況では、シフトに入ったり、営業中も常に目を光らせと かないといけない。


となると、本来のやるべき仕事がおろそかになり、営業が終わってか ら、店長の仕事があり、帰るのが4時や5時だったりと身体が持たないし、 身体がいくらあっても続かないと思いました。


こんな出来事を体験して、管理している人がいなくても、スタッフたち にちゃんと店舗を任せれる店作りをしていこうと思いました。


その結果が、半年後、1年後には人気スタッフがたくさんいる店が出来、 お客様も増えて、ついには、中国地区での優秀店舗にノミネートされる 店舗になったのです。


その方法とは?