週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつ

ニホンミツバチの週末養蜂で得られるもの 


◆週末養蜂で得られるのは、はちみつだけではありません。

 ニホンミツバチを1群飼っていて、順調にはちみつが貯まれば、家族1年分以上のはちみつが採れます。

スーパーでは買えない幻のはちみつです。はちみつはおいしいだけではなく、ビタミン、ミネラルが豊富で健康によいので、家族みんな喜んでくれます。

しかし、週末養蜂で得られるものは、はちみつだけではありません。週末養蜂によって広がる人脈、ニホンミツバチの癒し効果も大きな魅力です。

私は、はちみつ以外のもののほうが、価値があるのではないかと思います。


◆週末養蜂家を通じた様々な人との出会いが人生を豊かにします。

週末養蜂を始めると、人脈が次から次へと広がり、人生が豊かになります。

ニホンミツバチを飼っていなければ、会うことはなかったり、会ったとしても親密になれなかっただろう人とも、親交を深めることができます。

 

まず、余ったはちみつを差し上げることで、親せきや知人との結びつきが強くなります。はちみつを気に入ってくれれば、定期的にはちみつを差し上げることになります。

連絡を取り合う回数が増え、より親密なお付き合いができます。

実際に、大叔母は「はちみつを食べるようになってから体調がよくなった」と言っており、それ以来、定期的に差し上げています。これまでよりも連絡を取る頻度が増えました。

 次に、自分の知り合いが、知人を紹介してくれるということが次々に起こってきます。まず、知人の周りでニホンミツバチやセイヨウミツバチを飼育している人がいれば、紹介してくれます。また、これから飼いたい人や、養蜂に興味のある人もつれてきてくれます。花粉媒体としてミツバチは非常に重要なので、農家さんとのお付き合いもできるでしょう。

実際に、多数の方々とミツバチを通じて知り合うことができました。

ニホンミツバチの蜜蝋を使って、「椿みつ朗」というリップクリームを開発された株式会社タナカの田中康隆社長、ニホンミツバチの漫画を連載されている漫画家のグレゴリ青山様、ミツバチの研究者の先生などです。

全国各地の飼育者と知り合うこともできます。

ニホンミツバチは、商業的に養蜂されてこなかったため、飼育方法が完全に確立されていません。

そのため、インターネット上の掲示板などで全国各地の週末養蜂家たちが日々情報交換をしています。

オフ会も頻繁に開かれており、養蜂という趣味で多くのネットワークができます。

オフ会には、50人、100人と愛好者が集まるそうです。

積極的に参加されれば、全国各地に友達を作ることができます。

 このようなニホンミツバチの養蜂を通じた出会いが、人生をより豊かなものにしてくれます。


◆ニホンミツバチの癒しによって、安らぎを得ることができます。

飼育するまでわからないのが、癒しの効果です。

授粉用のミツバチは、道具のように扱われることも珍しくないと聞きます。

また、多くの人にとっては、「蜂=刺す、怖い」です。

しかし、週末養蜂の場合は、ミツバチはペットです。かわいい存在です。犬、猫のように心に安らぎを与えてくれます。

父はたくさんのお宅に巣箱を設置していますが、毎日ニホンミツバチの出入りを眺める方も珍しくありません。

ニホンミツバチの場合は、中の様子を観察できないタイプの巣箱が多いので、次の動画のように巣箱を出入りする様子を観察します。

YouTubeニホンミツバチの巣門


こんな近くで観察しても、刺されることはないのでしょうか?

ミツバチというと、刺すというイメージが強いですが、ニホンミツバチは大人しい性格なので、観察したくらいで刺されることはありません。次の動画をご覧になってください。

YouTube ニホンミツバチは刺さない!


ミツバチが懸命に働く姿が癒しにつながります。

「一生懸命に働くニホンミツバチがかわいそうだから、はちみつを採らないで」とおっしゃる方もいます。

また、ニホンミツバチは頻繁に逃亡して野生に帰ってしまいます。

これは突然起こります。毎日毎日眺めていたニホンミツバチが突然いなくなってしまった、これはかわいがっていた猫や犬がいなくなってしまった感情と同じで、寂しいのです。


◆さあ、週末養蜂を始めましょう!

ニホンミツバチの週末養蜂によって、これまで以上に充実した人生が過ごせることは間違いありません。

一人でも多くの人に週末養蜂を始めてほしいと思っています。

まずは次の動画をみて、ニホンミツバチの飼育の始め方のイメージをつかんでください。



→ニホンミツバチのはちみつの生産者と生産地へ
←「ニホンミツバチとは」に戻る
←TOPページに戻る

このホームページの説明

このHPでは、趣味で日本蜜蜂を飼育する「週末養蜂」を提案しています。

京都府丹波地方の山奥の実家で、私の父が趣味ニホンミツバチを飼育し、在来種の保護活動を行っています。

ニホンミツバチの飼育の様子を、飼育している環境を含めて紹介しています。

これからニホンミツバチを飼育してみたい方や、ニホンミツバチのはちみつに興味のある方はぜひご覧になってください。



感想等は掲示板へお願いします。




ニホンミツバチの飼育に必要な蜜蝋巣箱も販売しています。


☆取扱い商品一覧☆

購入は、週末養蜂家のニホンミツバチショップから。

・日本蜜蜂の蜜蝋


日本蜜蜂の捕獲に必須です。
詳細は、こちら


日本蜜蜂のはちみつの絞りカス


分蜂群れの誘引に使用できます。

・日本蜜蜂の巣箱


捕獲に適した中古の巣箱です。
捕獲から採蜜まで可能な4段の重箱式です。


・待ち箱セット


こちらも中古の巣箱です。分蜂群れの捕獲に必要な部分のみをセットにすることで、お求めやすい価格で提供しています。
詳細は、こちら

購入は、週末養蜂家のニホンミツバチショップから。


上記のすべての商品のおまけとして、初めて日本蜜蜂の捕獲に挑戦される方のためにノウハウをまとめた「養蜂指南書」というPDFファイルを差し上げています。


また、ヤフーオークションでも販売を行っています。

出品商品一覧 または、下のパーツから。




☆販売委託(蜂蜜)☆

ニホンミツバチのはちみつ

ニホンミツバチのはちみつは、アルモニさんに販売を委託しています。

はちみつの購入は、アルモニさんのネットショップからお願いします。

こちら



☆関連商品☆

実家で採れた日本蜜蜂のはちみつと蜜蝋を使って、商品開発を行っていただいています。

詳しくは、コラボレーションをご覧になってください。

・和菓子



父の友人の和菓子職人が、ニホンミツバチのはちみつを使った和菓子を作りました。

はちみつはもちろん父が採取したものを使用しています。

まゆだまはちみつレモンくずきりの2つがあります。

写真は、はちみつレモンくずきりのものです。


・椿みつ朗



大変貴重なニホンミツバチの蜜蝋と、若狭地方(福井県)産の高級椿油の2つからできた安心、安全のリップクリームです。

楽天市場に出店されており、購入することができます⇒椿みつ朗


評価は、ほとんどすべて満点の5点です。

椿みつ朗の評価(楽天)





☆おすすめ本 TOP3☆

これからニホンミツバチの飼育を始める方におすすめTOP3をご紹介します。

【第一位】


ニホンミツバチ―北限のApis cerana

インターネットではなかなか見ることのできない質の高い写真が多数紹介されています。図鑑のような書籍です。

飼育に関する記述はやや少ないです。


【第二位】



日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (新特産シリーズ)

巣箱の種類や飼育方法について幅広く触れており、とても参考になる書籍です。



【第三位】



我が家にミツバチがやって来た―ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道


重箱式巣箱を用いた飼育法について詳しく書かれています。

重箱式以外の巣箱について記述がないため、三位としました。