Miz’s Kitchen

  Food Cordinator

       Mizuka

 

 


Sugarcraft

 


シュガークラフトはシュガーペースト(粘土状の砂糖)を原料とした英国発祥の伝統的な工芸です。ウエディングケーキに代表され約300年にわたり発展してきました。今日では材料、使用器具が発展しさまざまなデザインなども生み出されています。

イギリスでは、ウエディングケーキはシュガークラフトが主流で結婚式から1年間お部屋に飾る習慣があったそうです。日持ちするのも1つのよさで保存状態がよければ10年近くもちます。アイシングを使って、花や細かい模様を描くいたり、シュガーペーストでお花や動物などモチーフを作ったりもします。シュガーケーキはフルーツケーキが土台となり、お祝いの行事などに製作されみんなで少しずつ食べるのが主流でしたが、現在では観賞用としても楽しまれるようになっています。

 

【教室の作品】

現在東京シュガーアートさんでお世話になっており入門科を修了し本科を受講中です。シュガークラフトに興味のある方はぜひ1度体験などしてみるいいと思います。かなり根気のいる作業ですが苦労して完成した時はとても感動しますよ。写真かタイトルをクリックすると作品写真と日記が表示されます。

 

 

東京シュガーアート(07.入門科)
1) 秋のリース
2) ミニ・テーブルセッティング
3) バラの実のアレンジ
4) お菓子の家のプレート
5) バレンタインのシュガーボックス
6) お雛様
7) ベビーシューズと角砂糖の絞り
8) ストロベリーポット
9) ミニ・ウェディングケーキ

 

  → P1/P2

東京シュガーアート(特別講座)

1) スイーツ3種(2008.4)
2) ベビーギフト(2008年第4回作品展出品

 

東京シュガーアート(08.本科)
1) 森の動物たち
2) ガレットフリルのケーキ
3) カーネーションとプルドフラワーのポジー
4) クリスマスフルーツケーキ
5) ハートのエクステンション

 

パン/工芸パン/シュガークラフト/辻製菓専門学校

 

BACK

 

Copyright ©2007, Mizuka All Rights Reserved.  

  NEXT