~ ザックザック ~

コンテナ改造の喫茶店

2
ZACK
HOME お店紹介 メニュー コンテナ改造 お散歩るんるん日記 アクセス リンク

後日雨が降ったときまた雨漏りが、なぜだぁー!怪しいところはコーキングしたのに!もう一度よーく屋根を見ていたら小さな穴が開いているのを発見!屋根を強く押すとそこから水がピューっと吹きだした。アルミは錆びないけど腐食はするのだ!なんか悔しい!でもこれで原因がわかった。一部を切り取り水を吸い出して、また蓋をしてコーキング材をたっぷり塗り、さらにペンキを塗って完成!



北東側を見ています。
元々の壁はこんな感じです
天井のブルーのところは
断熱材、天井だけ貼りました。

最初に板を貼り、その上に下から壁材をビスで貼り付けていきます。こうすると空気の層ができ、断熱効果が期待されます?ビスが見えちゃうとカッコ悪いので、ビスが見えないように上手く留めてやります。

とりあえずこっちの箱で練習を兼ねてドアを付けてみました。
窓のデザインがいいでしょ(^_^)v

こんな感じに収まりました。

資材を置くための小屋?を作ってます。

コンテナ改造

お待たせしました!

解体した家の梁だった丸太をチェーンソウで半分に切った物を天井に、
つっかえ棒をかねて柱を建てました
この柱はGOOD MAMAからいただきました。ママありがとう。

トイレになる場所です。
右側がカウンターです。

床を張って便器を
付けます。

据付です。

このドアは輸入品らしく、ドアノブはなかったのですが、穴が二つと中に
鍵用の部材は付いていて、同じものがあればと、いろいろな店で探したのですが見つからず、普通のノブと鍵を買い自分で加工して取り付けました。
最初から開いていた穴と買って来たノブが合わないので取り付けるのに苦労しました。穴がノブからはみ出したりしてカッコ悪いので、真鍮の板を貼り付けました。これがかえっていい感じになりました。

反対側から見た柱です

なぜかガラスより大きく切りすぎてしまったので
枠で調整して上手くごまかしました。隙間にはシリコンをたっぷり入れちゃいます。
北側の窓も下側を切りすぎたりして…
そんなんばっかり(-_-;)
この窓からはお隣の庭越しに海が見えます。

ドアを外して2×4材で枠を
作り、窓枠をはめ込みます。
ドアが重かったぁ(-_-;)
サイズは偶然にもほぼぴったり
これはラッキーでした。
窓枠も中古の頂き物(^_^;)

北側には窓を取り付け
ました。
電動シャッターつきの
すぐれもんです(^^)v
頂き物で~す。
Dさんありがとう!

ベニヤ板をはがすと
こんなんです。
断熱材を入れれば
いいのでしょうけど
予算の都合入れません
でした(-_-;)

だいぶ出来てきて喜んでいたらこの後大事件が発生します!

なななんと!

こんな感じで天井にパネルをじかにビスで留めていっちゃいます
なかなかいい感じに仕上がりました。

入り口側の天井は板を貼ります。真ん中がたるんで
いるのでなんとかしないといけません。
でもずいぶんと明るくなりました。

保冷車の床はこんなんです。アルミの床です。

現在の外トイレ

左側の柱は前の浜でゲットしました
天井が下がらないようにつっかえ棒
です。やすりをかけてニスを塗りました
つやつやです(^_^)

東側にも窓を付けます。
丸鋸で切り取り、枠を入れて
ガラスをはめ込み、隙間は
シリコンで埋めました。
このガラス実はテーブル用の
ガラスです(-_-;)

窓を入れるとなかなかいい感じ(^^♪

こんな感じになりました。

保冷車側から

真ん中をくりぬきました

お待たせいたしました。パソコンが壊れてしまい、修理に出すと6万円ぐらいかかると言われたので、古いパソコンで
どうにか復活しました。
さて、撮った写真を見たのですが、なかなかいい写真が無いことに気づきました。
ほとんどの作業を一人でやっていたので、写真を撮る余裕がありませんでした。
何せ計画性が無く、行き当たりばったりのおっつけ仕事でしたので…
とりあえずのんびり更新していきますので、気長にお付き合い下さい。

この頃はワゴン車が物置代わり

続いてデッキを作ります。

ドアを取り付けます。
これもDさんからいただきました。
ただドアの中心部分がありません
桟はあるのですが、ガラスがないのです。
テーブル用のガラスがあったので
合わせてみたらなんと横幅はぴったり!(このガラス捨てないで持ってきて良かったよ、こんな物いるの?と、冷たい目で見られるのを我慢し、他人から見たらガラクタをいろいろ持ってきていたのが役にたっています。、しょうがねーなまったく…みたいに思いつつも運んでくれたJ運送の方々ガラクタも役にたってますよー。、ありがとー!)
ガラスは角がRになっていて
少し隙間が開いちゃうのでシリコンでふさぎました
上下の空間は床材とベニヤ板で加工してドアらしくなりました。

天井に貼ったパネルをはがし、内貼りのアルミ板をはがしてみたら、なんと中のベニヤが水でふやけてびちょびちょになってる…
これは昨日今日に始まった漏れではなく、相当前から漏っていた感じ。
仕方ないので天井のアルミを全部はがすことに…数日間乾燥させました。

こんなにひどいことに…
ちょっと挫折感が…

雨漏りがぁ…せっかく天井貼ったのに、何で天井貼ってから漏るかなあ…

そしてこうなりました
すごい!
自画自賛(^^)v

コンテナを並列に2台並べます。

奥がアルミのパネルで、手前が保冷車
5トンあるそうなので、ユニックでは上がらないので、クレーン車を頼んで2台で吊りました

その上にベランダなどによく見かける
木目調のプラスチック?の板をビスで
止めて行き、回りを2×4材で囲うと
立派なデッキの完成です。
このデッキ材はリフォームする家から
いただきました。
遠目で見ると綺麗でしょ

少し掘って砂利を入れて上から
たたいて固めた所に、ブロックを
置き、防腐剤をたっぷり塗った角材
を水平を見ながら置いていきます。
結構水平にするのはめんどくさい。
多少はいいかぁみたいな感じで無理やりあわせちゃいます。
その上に2×4材を45センチ間隔でビスで留めていきます。

屋根に上がって見たけどこれといって漏るようなところが見つからない、とりあえずつなぎ目をシリコンでコーキングして様子を見ることに

最初に貼ったときは真ん中が
たるんでしまっていたけれど、
中心に丸太を入れたことで
上手く解決できました。
天井も少しへの字になったし
丸太がアクセントになり
すごくいい感じになりました。
雨漏り様様って奴ですかねぇ

板を渡していきます。
作業しているのは次男坊です。
ちょうど休みで帰ってきたので、
バイト代がほしくていやいや手伝っています。
2人でやるとその間私は他の仕事が出来るので非常に効率がいいです。

全部ひっぺがしました

なかなかでしょ。タイルなんて貼る予定
じゃあなかったのですが、保健所の指導で
水が流せないとダメだと言われた為仕方
なく貼りました。また余計な出費です。

天井はアルミが貼ってあるそのままに
しようかと思ったのですが、綺麗じゃない
のでパネルを貼ることにしました。

壁にもパネルを貼ります
外壁材なので水に強いので
厨房にはぴったりでしょう

外から見ると
こんな感じ

上の画像がこんな
感じになりました

ここまで切り抜きました
ごちゃごちゃしてますねぇ
こんなんじゃいい仕事できないよなぁ…

南東側を見てます

丸鋸に金属も切れるという刃を付けてカットしましたが
結構大変でした。(キックバックが怖い…)
パネル車の方はアルミ板が一枚だけなのでわりとすんなり切れましたが、保冷車の方はちと難儀しました。
よく映画などのトンネル工事で両側から掘り進め、最後に発破で開通して、作業員たちが抱き合って喜ぶシーンがありますが、切れ目を入れて行き足で蹴っ飛ばして開通したとき、気分はそんな感じでした。

上のコンテナは物置用に購入
しました。

搬入です

土台は業者さんに頼みました