ナイキワッフルとは

ナイキワッフルはベルギーワッフルをヒントに考案されたナイキの『ワッフルソール』『ワッフルソール』とは、ナイキの創設者であるビル・バウワーマンが朝食のベルギーワッフルをヒントに考案したナイキ独自のソールです。ワッフルソールはユニークなデザインだけではなく機能性も優れており、オフロードでは高いグリップ性を、オンロードでは高いクッション性を実現していて、今でもナイキではワッフルソールを搭載したモデル(ワッフルレーサーやワッフルトレーナー、エリートなど)は毎シーズンリリースされ、人気を得ているのです。1973年に発売されて、初めてナイキに「ワッフルソール」が搭載され、ナイキファンの間では高い人気を得ている歴史的なシューズが「オレゴンワッフル」です。

ベルギーワッフルのレシピについて

ベルギーワッフル。今ではワッフルメーカーさえあれば、家庭で誰でも簡単に作れる様になりました。元々材料を混ぜて焼くだけと言う単純な手順で作れますが、ホットケーキミックスを使うとより簡単に作る事が可能です。ただし、ホットケーキミックスそのものの甘味がありますので、甘くないワッフルを作りたい人にはあまり適していません。ホットケーキを使ったベルギーワッフルの簡単なレシピを紹介します。ワッフルのレシピ材料→ホットケーキミックス:200g、バター:40g、牛乳:120cc卵:1〜2個、サラダ油:適量、生クリームやフルーツ:お好みで。作り方はレンジを使うか室温でバターを溶かし、ボールにサラダ油以外の材料と一緒に入れます。 泡立て器でしっかりと混ぜ、ダマが無くなったら熱したワッフルメーカーにサラダ油をよく塗ります。 両面をしっかり焼いたら器に盛り、お好みで生クリームなどを添えて完成です。

ベルギーワッフルについて

ベルギーワッフルは焼き菓子のひとつ。本来のベルギーワッフルは、小麦粉、卵、バター、牛乳、砂糖、イーストなどを混ぜ、発酵させて作った生地を、格子模様などを刻んだ2枚の鉄板(ワッフル型)に挟んで焼き上げた菓子です。ベルギーワッフルはベルギーの首都ブリュッセルやリエージュのものが有名で、「ベルギーワッフル」と呼ばれます。ベルギーのリエージュ地方で生まれ,昔から“ベルギーのお母さんの味”として親しまれてきたヨーロッパ伝統の食べ物で、焼き型によるデコボコの格子柄があり,イーストを使っているので, 外はカリっとし中はふんわりしているのと、丸い形状にジャリジャリとした砂糖の食感が特徴的です。ベルギーワッフルにはふたつのタイプがあり、ひとつは元祖「リエージュタイプ」のベルギーワッフル。格子柄が大きくて溝が深く,甘味がしっかりついているのでそのまま食べます。もうひとつのベルギーワッフルは「ブリュッセルタイプ」。こちらは格子柄が小さくて溝も浅く,薄味なのでアイスクリームやフルーツなどのトッピングをのせて楽しみます。

Copyright © 2008 ベルギーワッフル、あなたを放ってはいきません