アクセス・地図
人気のトッピング
お品書き
こだわり・スープ
本店のあゆみ
当家は代々名古屋近郊で終戦迄米麦業を営んで居りました。
五代前の車屋長助が明治二十年頃全財産を投入して水車三基を設け精米、
製粉、製麺業を始め大変繁盛して居りましたが、普通のうどん、きしめん、冷麦では
満足せず色々研究の末、大変味の良いうどんの開発に成功しました。
そして色が白くないうどんなので「黒うどん」と名付けましたが、一般的に「白い程良い」と
言う常識とは全く反対の品物でした。
味は非常に良いが色が黒く手間がかゝって
値段が高くつきぜいたく品と言う印象を与え、
あまり普及されず冠婚葬祭等注文だけの
製造をして居りました。

黒うどんはその昔、長助が開発したそのまゝの
秘法に依って製麺して居るもので、
日本中どこでも食べる事の出来ない
麺通の麺と確信致して居ります。
日本唯一の味をゆっくりと御賞味下さいませ。